掛軸と絵画のミライ展、出展作品のご紹介

おかげさまで表粋会主催の、

「掛軸と絵画のミライ展」(過去ブログ参照)、

大盛況の中、終了いたしました。

 

今日はその「掛軸と絵画のミライ展」に出展した掛軸のご紹介です。

思い返せば1月中旬、軸装用の画が

各大学の学生・院生・教授から集まり、

どの画を誰が担当するか、表粋会内で検討しました。

いずれの画も魅力的でしたが、その中で私は、

東京藝術大学の菊地貴子さんの画に最も惹かれ、

この画を掛軸にすることに決めました。

IMG_20180625_201927_357

写真では画の魅力が十分に伝わらないのが残念ですが、

とにかく煌びやかで素敵な作品です。

掛軸にするにあたり、まずは全体のデザインと寸法を検討です。

今回の作品展のコンセプト(?)でもある、

床の間でなくても掛けられる掛軸を意識し、

伝統的な寸法・比率は無視して、一から検討しました。

PC上でさんざん検証したあと、

部屋の中にテープを貼ってサイズ感を見てみたり、

最終的には模造紙で実寸サイズのサンプルを作ってみたりしました。

そんなこんなで寸法は決定し、肝心の裂はマスミ東京にて

イメージにぴったりのものを入手しました。

DSC_0512

画のイカに合わせて、深海を思わせる黒の裂。

これを天地で使います。

続いて、銀の砂子がグラデーションで入っている裂。

これは中廻しに。

そして画の色調に合わせた金の裂。

これは本紙の周囲と天地に入れる筋に使います。

 

そんなこんな、紆余曲折があり、完成した掛軸がこちらです。

DSC_0682

DSC_0677(1)

タイトルは「煌(きらめき)」。

本紙の煌びやかさを引き立てるため、

全体の色調は落ち着いたものにしました。

また、本紙を中央から右にずらすことで、

天地に通した金の筋がより印象的に見えるようにしました。

海底に射し込む一筋の光が表現できたかなと、

個人的には満足しています。

 

ちなみに今回、図録とポストカードも製作しました。

自分の作った掛軸が図録に載る日が来るとは。

 

この掛軸は会場で販売していたのですが、

残念ながら会期中は売れませんでした。

ということで、引き続きご購入いただけますので、

もし興味がありましたらご連絡ください。

 

当表具店では、こんな感じで掛軸の制作も承っておりますので、

ご検討中の方は掛軸のページもご覧いただきつつ、

ご連絡いただければ幸いです。

 

 

広告

掛軸と絵画のミライ展、好評開催中

先日もご案内しました「掛軸と絵画のミライ展」

大変ご好評いただいてるようで、

連日たくさんのお客様にご来場いただいています。

IMG_20180620_122306_174

今回展示されている掛軸はすべて販売してますので、

気になった掛軸があったら、

是非会場にいる表粋会員に

お声がけください。

また、全ての掛軸が載った図録や、

ポストカードも販売してますので、

お気に入りの掛軸があったけど、

さすがに購入はちょっと、、という方は

そちらをご購入いただければと。

dsc_0668

会期は残すところあと2日。

掛軸と絵画のミライを

きっと変えることになる作品展を

どうぞ見に来てください。

 

■「掛軸と絵画のミライ展」概要
【展覧期間・会場】
平成30年6月19日(火)~6月24日(日)
田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15
【参加大学生・大学関係者】
女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学
東京造形大学・武蔵野美術大学・横浜美術大学(50音順)

 

掛軸と絵画のミライ展

私が所属しております江戸表具研究会「表粋会」が

本日から日曜まで『掛軸と絵画のミライ展』という

展覧会を開催しています。

DSC_0262

通常の掛軸の作品展とは異なり、

東京近郊6つの美大とコラボし,

美大生・院生の描いた画を

表具師が掛軸に仕立てるという

かなり斬新な企画です。

床の間で見慣れた掛軸とは一線を画した作品も

たくさん展示されています。

東京新聞に取材を受けて記事になったり、

今日は近隣のコミュニティFMに

表粋会代表が出演したりと、メディアにも

積極的に露出しています。

dsc_0583

会場も東京駅八重洲口から徒歩3分位の距離ですので

お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

間違いなく、『掛軸』の印象がガラッと変わります!

 

私が出展した作品の詳細はまた後日!

 
■「掛軸と絵画のミライ展」概要

【展覧期間・会場】

平成30年6月19日(火)~6月24日(日)

10:30~19:00(最終日は18:30まで)

田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15

http://www.tanaka-yaesugarou.com/
【参加大学生・大学関係者】

女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学
東京造形大学・武蔵野美術大学・横浜美術大学(50音順)

 

 

 

 

 

表具技能祭2017 その1

表具の勉強で通っている学校の

技能祭(文化祭)が11月3日に開催され、

私は、掛軸、和額、屏風、インテリアパネルを

出展しました。

当ブログにて何回かに渡り、

作品をご紹介してまいりますので

お付き合いいただければ幸いです。

 

まずは掛軸です。

 

通常、表具師が掛軸を仕立てるときは、

お客様から本紙となる作品を預かり、軸装します。

掛軸

本紙は、お客様自身が描かれた絵や書、

または所蔵されている作品の場合がほとんどです。

 

今回の技能祭の掛軸では、せっかくの機会なので、

お客様側の気分も味わってみようと思い、

自分で本紙を描いてみました。

和室・床の間ではなく、洋室・リビングに掛けても

おかしくない掛軸にしようというのが

一応のコンセプト、、でした・・。

 

結果としては、本紙・軸装ともに、

いろいろと不本意な出来に・・。

唯一、満足行く出来だったのは、

消しゴムで作った落款(判子)です・・。

 

今後とも、ますます精進してまいります!!

 

 

表装作品展に出展

5月27日まで、上野の東京都美術館にて、

東京表具経師内装文化協会主催「表装・内装作品展」が

開催されました。

今回、私もインテリアパネルを3点出展しました。

写真のように、紙管をひたすらカットし、これに裂を張って

滑らかな凹凸のあるデザインにしようと思いました。

DSC_1991

切った紙管の一部を並べてみたところです。

この一つ一つに裂を張っていきます。

裂を張るとこんな感じ。

DSC_2334

今回の「表装・内装作品展」はテーマカラーが赤とのことだったので、

赤のグラデーションを表現することにしました。

 

パーツの数が多いため、切るのも張るのも

とにかく時間がかかりましたが、なんとか会期に間に合いました。

DSC_2276

DSC_2273

DSC_2274

DSC_2275

 

この他、訓練校の授業で製作した短冊掛けも展示されました。

DSC_2161

短冊部分は、端切れをカットして市松状に張ってみました。

DSC_2335

今後は、こういった裂や紙を使ったパネル・小物の

製作・販売も承ろうと思っておりますので、

ご希望があれば是非ご相談ください。

詳細はインテリアパネル・小物のページもご覧ください。

 

 

葉書アート

明日まで渋谷でやっている『小さなインテリア展』というイベントに

作品を出してみました。

これは、葉書サイズの絵や写真といったアート作品を

掛軸で展示するという展覧会なのですが、

・出品者:葉書アート作品を作成→応募

・主催者:応募のあった葉書アート作品を適した掛軸におさめて展示

という区分のため、葉書を作った私も自分の作品が

どのような掛軸で飾られているか事前にはわからず、

会場に行くのがとても楽しみでした。

※当表具店に作品の軸装や額装をお持ちこみになるお客様が

 仕上がりを待つ気持ちがよくわかりました・・。

 

私の作品ですが、手持ちの端切れを裏打ちし、

細かく切って張ってみました。

DSC_1438

普通に糊で張ると、乾いた時に葉書が反ってしまうので、

アイロンプレス機で圧着して仕上げました。

大きさ比較のため、缶ビールも一緒に。

 

肝心の会場での展示はこんな感じでした。

4

私の葉書がこんなに立派に。。

やはり掛軸って偉大ですね。そんなことを改めて思う良い機会になりました。

 

イベントの情報はこちら ↓

「22名の作家による 小さなインテリア展 2017年3月24日~26日 開催」

http://www.shibu-ima.com/2017/03/741

 

 

 

季節に合わせた掛軸

ずいぶんと久しぶりの投稿になってしまいました。。

 

最近は徐々に暖かい日も増え、春の気配を感じられるようになりました。

桃の節句に備えて、お雛様を飾っているご家庭もあるのではないでしょうか。

 

当店も季節に合わせて、お雛様の掛軸をかけてみました。

掛軸ですと手間やスペースを気にせず飾れるので、おすすめです。

dsc_1641

 

よく掛軸は一年中、床の間にかけっぱなし、という方がいらっしゃいますが、

それだと劣化が進む原因となってしまいます。

季節に合わせて2~3カ月に一回は掛軸を変えてみると、

お部屋の雰囲気も変わって良いのではないでしょうか。