県展に向けて作業中

県展が近づいてきました。

世間は10連休とのことですが、

当表具店は明日も明後日も

作品の裏打ち作業です。

DSC_0003

出展された作品全てが審査を通過しますようにと

願いを込めて。

DSC_0004

 

広告

埼玉「県展」出展のご案内

今年も埼玉県美術展覧会、通称「県展」

の季節が近づいてまいりました。

69poster

当表具店の店頭にも、ポスターを張り出しました。

DSC_0149_1

この県展は今年で69回目になりますが、

当表具店は、第1回の県展から書道作品の出展の

お手伝いをしている経験と実績があります。

 

作品の裏打ち、レンタル額への張り込み、

会場への搬入・搬出、全てをお任せいただけます。

(詳細はこちらのページもご覧ください。)

 

また、開催要項も店頭にてお配りしておりますので、

出展をご検討中の方は、是非お立ち寄りください。

DSC_0150_1

開催要項内に当表具店の広告も出稿しております。

DSC_0151_1

出展にあたり、ご不明点・お悩みなどありましたら、

電話・メールなど、お気軽にご相談ください。

DSC_0004

 

 

PayPayはじめました

昨年末に話題になったPayPay

来週から開催の100億円キャンペーン第2弾

も話題になってますね。

 

流行りものにはとりあえず乗っておこう、

ということで、当表具店でもPayPayを導入しました。

DSC_0196

アプリで「PayPayが使える全国のお店一覧」を見ると

当表具店も表示されます。

Screenshot_20190208-163611

アプリを入れてる方なら、

どなたでもPayPayでお支払いいただけます。

ただ、登録されているお支払方法によっては、

支払い限度額もありますので、

ご注意ください。

DSC_0190

 

 

古糊の水換え

遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます。

2019年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、新年一発目の投稿は、

古糊の水換えについてです。

昨年、こちらの投稿でお伝えした

正麩糊(しょうふのり)を製作してから

早一年が経ちました。

寒空の下で時間をかけて炊いた糊を、

上の写真のような甕に入れて、

和紙で封をし、床下に一年間寝かせていました。

床下から取り出した状態がこちら。

dsc_0067

この甕を毎年一回、大寒の時期に封を開けて、

上澄みのカビを取り、表面に水を継ぎ足したら、

また地下で一年間寝かせます。

 

さっそく封を開けて、甕を開きます。

古糊

が、あまりに衝撃的な見た目のため、自主規制・・。

あずき色をしたカビが一面を覆っていました。

ただ、見た目のわりに、

臭いはほとんどしませんでした。

このカビの色や臭いの状態は三者三様で、

同じ日に同じ釜で炊いた糊でも、

別の甕で一年間寝かすと

全く別の状態になるようです。

 

表面のカビを取り去った状態がこちら。

dsc_0073

ここに水を足して、蓋をし、和紙で封をします。

dsc_0077

また一年、地下で寝かせます。

 

こうしたカビの除去と水換えを繰り返すこと

5年~10年で、当初の糊の量から

だいぶ少なくはなりますが、

古糊と言われる接着力の弱い糊が

出来上がります。

 

糊というと、接着力が強い方が

良さそうな気がしますが、

掛軸の世界においては違います。

制作した掛軸を、数十年・数百年後に修復する際、

作品から裏打ち紙をきれいに剥がす必要が

あるためです。

そこで接着力の弱い古糊が

作品の裏打ちには最適というわけです。

 

また、古糊を使って裏打ちをすると、

しなやかで柔軟性のある仕上がりになるため、

掛軸を巻いて保存しても、

折れや皺が出にくくなります。

 

さて、来年はどんなカビが出ていることやら。

今から楽しみです。

 

 

障子・ふすま張替えしませんか?

いよいよ明日から12月ですね。

今年もあとわずか。平成最後の年末です。

新しい年を迎えるにあたり、お部屋の大掃除と共に、

障子やふすまの張替えはいかがでしょうか。

DSC_0401(1)

当表具店も、店頭のポスターを

襖(ふすま)の張替え促進(?) ポスターに変えました。

ところで、このブログをご覧の方はともかく、

一般の方は「襖」って、読めますかね・・?

色もデザインも斬新なポスターで、店頭に貼ると目立つのですが、

その点だけが気になりました・・。

 

さて、ふすま繋がりでもう一つ。

先日、義父がコレクションしていたふすまの引手を

分けてもらいましたのでご紹介します。

アンティークショップや蚤の市などで入手して

コレクションしていたそうです。

確かに昔の引手って、不思議な魅力がありますよね。

日々触れているけれど、なかなか注目することがない。

そんな引手も、こうやって外して単体で眺めると

なんとも味わいがあります。

おうちにふすまがある方、年末年始に帰省先でふすまに触れる方、

是非、引手にも注目してみてはいかがでしょうか。

意外な発見があるかもしれません。

 

ふすま・障子の張替え

気が付けば、もうすぐ11月。

年末に向けて、ふすまや障子の張替えのご依頼が

多数来ております。

何かと忙しい12月が近づく前に、

張替えのご検討をされてはいかがでしょうか。

納期や金額、紙の種類など、

気になることがございましたら、

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらまで。

障子やふすまを張り替えて気分を

新たにされてみてはいかがでしょうか。

ふすまについてはこちらのページ、

障子についてはこちらのページも

参考になさってください。

 

 

書道作品のパネル仕立て

涼しい日々が続き、すっかり秋を感じるようになりましたが

いかがお過ごしでしょうか。

芸術の秋、さいたま市展も絶賛開催中です。

 

さて、書道作品の表装というと、やはり額装が中心ですが、

パネル仕立てにするという方法もあります。

特に小さい作品であれば、周囲の裂に趣向を加えて

作品を引き立てるというのも面白いかと思います。

何種類かの裂を張り分けたり、筋を入れたり、

表具師のセンスが試されます・・・。

 

作品を張り込むとこんな感じになります。

ご自宅に飾ったり、贈り物にも最適かと思います。

ぜひぜひご検討ください。