表具技能祭2017 その3

表具技能祭に出展した和額のご紹介です。

 

前回ご紹介した屏風と同じく、

下地骨の状態に「骨縛り」「骨ベタ張り」

「蓑張り①」「蓑張り②」「蓑押さえ張り」

「下袋」「上袋」と下張りを重ねました。

 

続いて、裂の柄を合わせて張り、

金襴の筋、本紙を張り込んで、

縁を取り付ければ完成です。

柄合わせはかなり手こずりました・・。

DSC_0164

 

全景はこちら。

DSC_0148

書は私が書いたものではないですが、

「楽亦在其中矣」という論語の中の一節からの引用で、

『質素な暮らしの中にも楽しみはある』という

意味の言葉とのことです。

 

次回はインテリアパネルをご紹介します。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
さいたま・浦和・県庁前。
掛軸・額・屏風・ふすま・障子の
『武笠表具店』です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

広告

表具技能祭2017 その2

表具技能祭に出展した屏風のご紹介です。

 

下地骨の状態に「骨縛り」「骨ベタ張り」

「蓑張り①」「蓑張り②」「蓑押さえ張り」

「下袋」「上袋」と下張りを重ね、

縁(へり)の裂地を張った状態がこちらです。

 

この本紙部分に、金箔・銀箔の砂子蒔きをします。

縁の裂地が花柄だったので、同じかたちの型を作り、

そこに箔を蒔きました。

 

これだけだと少々物足りないので、

この色味に合いそうな和紙を裏打ちし、

同じ花型でカットし、張ることにしました。

 

仕上げに、掛軸にも押した落款を押して完成。

一気に作品ぽくなりました。

DSC_0167

 

全体像はこちら。

DSC_0149

 

いかがでしたでしょうか。。

また後日、和額・インテリアパネルも

ご紹介してまいります。

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
さいたま・浦和・県庁前。
掛軸・額・屏風・ふすま・障子の
『武笠表具店』です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

表具技能祭2017 その1

表具の勉強で通っている学校の

技能祭(文化祭)が11月3日に開催され、

私は、掛軸、和額、屏風、インテリアパネルを

出展しました。

当ブログにて何回かに渡り、

作品をご紹介してまいりますので

お付き合いいただければ幸いです。

 

まずは掛軸です。

 

通常、表具師が掛軸を仕立てるときは、

お客様から本紙となる作品を預かり、軸装します。

掛軸

本紙は、お客様自身が描かれた絵や書、

または所蔵されている作品の場合がほとんどです。

 

今回の技能祭の掛軸では、せっかくの機会なので、

お客様側の気分も味わってみようと思い、

自分で本紙を描いてみました。

和室・床の間ではなく、洋室・リビングに掛けても

おかしくない掛軸にしようというのが

一応のコンセプト、、でした・・。

 

結果としては、本紙・軸装ともに、

いろいろと不本意な出来に・・。

唯一、満足行く出来だったのは、

消しゴムで作った落款(判子)です・・。

 

今後とも、ますます精進してまいります!!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さいたま・浦和・県庁前。

掛軸・額・屏風・ふすま・障子の

『武笠表具店』です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

店頭ポスター

10月も残りわずかですね。

秋の展覧会も一段落しましたので、

店頭に掲示していたポスターを張り替えました。

DSC_0126

壁紙の張り替えと、襖(ふすま)の張り替え促進ポスターです!

年末に向けて張り替えのご依頼も多くなってきますので、

ご検討中の方はぜひお早めにご相談ください。

 

ポスターに書いてあったので初めて知りましたが、

10月10日は襖の日だったみたいです。。

由来は、「十・十」が襖の下地である組子をイメージさせるということと、

昔はこの時期に、夏用の戸から襖に変える生活習慣があったことが由来のようです。

いろいろな記念日があるものですね~。

 

◎さいたま・浦和・県庁前。
/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。

 

秋の長雨

先週は雨の日が続きましたね。

障子の張り替えのご注文をいただいたのですが、

既に作業は終わっているのに雨のせいで何日も納品に行けず、

歯がゆい毎日でした・・。

DSC_0059

 

台風も通過し、今週からはいよいよ芸術の秋本番ですね。

私も表具の勉強で通っている学校の技能祭(文化祭)に向けて、

掛軸・屏風・和額・インテリアパネルを製作中です。

詳細はまた後日ご報告しますので、お楽しみに。

 

 

◎さいたま・浦和・県庁前。
/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。

 

秋の展覧会

暑さも落ち着き、いよいよ芸術の秋の訪れを感じられるようになりました。

9月、10月とさいたま市では書道展・美術展が開催されます。

 

dsc_0606.jpg

9月14日~17日まで、埼玉県立近代美術館にて、「埼玉書道展」。

10月9日~11月5日まで、うらわ美術館にて、「さいたま市美術展覧会」。

 

DSC_0605

弊社では主に書道作品の額装を承っております。

上の写真は、作品を裏打ちし乾かしているところです。

 

弊社は、展覧会出品用のレンタル額を多数取り揃えております。

お手持ちの額がない、出展費用を抑えたい、初出展で何をすれば良いかわからない、

という方は是非ご相談ください。

 

◎さいたま・浦和・県庁前。
/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。

 

ふすまの張替え

今日はアパートの襖の張替えです。

経年の染み・汚れがかなり目立ちます。

 

張替え後はこちら。

部屋の雰囲気ががらっと変わりますね。

襖紙は和柄ですが、洋風の家具にも合いそうです。

床・壁・天井の模様替えより、はるかに手軽・安価にできますし、

襖張替えでプチリフォーム、おすすめです!

 
◎さいたま・浦和・県庁前。
/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。