書道作品、額装中

先日ご案内しました7月末の書道展覧会に向けて、作品のレンタル額装作業中です。

先日のブログでは作品の裏打ちまでご紹介しましたが、

今週はその作品をいよいよレンタル額に貼り込んでいく作業です。

 

レンタル額はいろいろなサイズをご用意しています。

ご希望によって、枠なしのパネルをお選びいただくこともできます。

写真左上が枠なしパネル、右上がレンタル額に仕立てたところです。

 

作品の背面の色ももちろんお選びいただけるのですが、

これについては、表具師にお任せ、の場合も多いです。

作品に合わせて、青地にしたり、赤地にしたり、

さらに、覆輪(ふくりん)と言われる細い筋を周りに入れて

作品を際立たせるという方法を取ることもあります。

いずれも、表具師の経験とセンスが物を言う大事な仕事です。

 

ちなみに、掛け軸や屏風のご注文についても、

詳細はお任せ、の場合が多くあります。

大切な作品を活かすためにどのような仕立てにするか…。

表具師の仕事は奥が深いです。

※書道展用のレンタル額についてはこちらのページもご覧ください。

 

 

広告