掛軸と絵画のミライ展、出展作品のご紹介

おかげさまで表粋会主催の、

「掛軸と絵画のミライ展」(過去ブログ参照)、

大盛況の中、終了いたしました。

 

今日はその「掛軸と絵画のミライ展」に出展した掛軸のご紹介です。

思い返せば1月中旬、軸装用の画が

各大学の学生・院生・教授から集まり、

どの画を誰が担当するか、表粋会内で検討しました。

いずれの画も魅力的でしたが、その中で私は、

東京藝術大学の菊地貴子さんの画に最も惹かれ、

この画を掛軸にすることに決めました。

IMG_20180625_201927_357

写真では画の魅力が十分に伝わらないのが残念ですが、

とにかく煌びやかで素敵な作品です。

掛軸にするにあたり、まずは全体のデザインと寸法を検討です。

今回の作品展のコンセプト(?)でもある、

床の間でなくても掛けられる掛軸を意識し、

伝統的な寸法・比率は無視して、一から検討しました。

PC上でさんざん検証したあと、

部屋の中にテープを貼ってサイズ感を見てみたり、

最終的には模造紙で実寸サイズのサンプルを作ってみたりしました。

そんなこんなで寸法は決定し、肝心の裂はマスミ東京にて

イメージにぴったりのものを入手しました。

DSC_0512

画のイカに合わせて、深海を思わせる黒の裂。

これを天地で使います。

続いて、銀の砂子がグラデーションで入っている裂。

これは中廻しに。

そして画の色調に合わせた金の裂。

これは本紙の周囲と天地に入れる筋に使います。

 

そんなこんな、紆余曲折があり、完成した掛軸がこちらです。

DSC_0682

DSC_0677(1)

タイトルは「煌(きらめき)」。

本紙の煌びやかさを引き立てるため、

全体の色調は落ち着いたものにしました。

また、本紙を中央から右にずらすことで、

天地に通した金の筋がより印象的に見えるようにしました。

海底に射し込む一筋の光が表現できたかなと、

個人的には満足しています。

 

ちなみに今回、図録とポストカードも製作しました。

自分の作った掛軸が図録に載る日が来るとは。

 

この掛軸は会場で販売していたのですが、

残念ながら会期中は売れませんでした。

ということで、引き続きご購入いただけますので、

もし興味がありましたらご連絡ください。

 

当表具店では、こんな感じで掛軸の制作も承っておりますので、

ご検討中の方は掛軸のページもご覧いただきつつ、

ご連絡いただければ幸いです。

 

 

掛軸と絵画のミライ展、好評開催中

先日もご案内しました「掛軸と絵画のミライ展」

大変ご好評いただいてるようで、

連日たくさんのお客様にご来場いただいています。

IMG_20180620_122306_174

今回展示されている掛軸はすべて販売してますので、

気になった掛軸があったら、

是非会場にいる表粋会員に

お声がけください。

また、全ての掛軸が載った図録や、

ポストカードも販売してますので、

お気に入りの掛軸があったけど、

さすがに購入はちょっと、、という方は

そちらをご購入いただければと。

dsc_0668

会期は残すところあと2日。

掛軸と絵画のミライを

きっと変えることになる作品展を

どうぞ見に来てください。

 

■「掛軸と絵画のミライ展」概要
【展覧期間・会場】
平成30年6月19日(火)~6月24日(日)
田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15
【参加大学生・大学関係者】
女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学
東京造形大学・武蔵野美術大学・横浜美術大学(50音順)

 

掛軸と絵画のミライ展

私が所属しております江戸表具研究会「表粋会」が

本日から日曜まで『掛軸と絵画のミライ展』という

展覧会を開催しています。

DSC_0262

通常の掛軸の作品展とは異なり、

東京近郊6つの美大とコラボし,

美大生・院生の描いた画を

表具師が掛軸に仕立てるという

かなり斬新な企画です。

床の間で見慣れた掛軸とは一線を画した作品も

たくさん展示されています。

東京新聞に取材を受けて記事になったり、

今日は近隣のコミュニティFMに

表粋会代表が出演したりと、メディアにも

積極的に露出しています。

dsc_0583

会場も東京駅八重洲口から徒歩3分位の距離ですので

お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

間違いなく、『掛軸』の印象がガラッと変わります!

 

私が出展した作品の詳細はまた後日!

 
■「掛軸と絵画のミライ展」概要

【展覧期間・会場】

平成30年6月19日(火)~6月24日(日)

10:30~19:00(最終日は18:30まで)

田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15

http://www.tanaka-yaesugarou.com/
【参加大学生・大学関係者】

女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学
東京造形大学・武蔵野美術大学・横浜美術大学(50音順)

 

 

 

 

 

インテリアパネル完成

先日からご報告のインテリアパネル、

いよいよ完成です。

 

まずは背面から。

 

 

続いて、角。

 

 

立体落款。

DSC_0316

DSC_0317

 

そして全景。

DSC_0305

DSC_0315

 

会場での展示の様子です。

DSC_0439

 

という感じでだいぶ引っ張りましたが、

作品展に出展したインテリアパネルのご報告でした。

 

 

インテリアパネル制作(その③)

インテリアパネル制作過程の続編です。

 

ある程度パーツを色分けして全体のバランスを

見ながら張っていきます。(5月上旬)

DSC_0201

小さすぎて手では張りづらいので、

ピンセットで糊付けして張っていきます。

ゴールデンウィーク返上です。(5月上旬)

 

DSC_0263

DSC_0264

 

表面が張り終わったら次は側面です。(5月中旬)

DSC_0277

 

なんとか側面も張り終わりつつある状態がこちらです。

 

裏面の仕上げを張って、重しをしている状態。

DSC_0307

 

以上、5月上旬から中旬にかけての作業報告でした。

次回いよいよ最終回です。

 

 

 

 

インテリアパネル制作(その②)

先日ご報告しましたインテリアパネル制作過程の続編です。

 

今回の内容は正直、伝わりづらいと思うので、

うわー、めんどくさいことやってるなー、

と軽く読み飛ばしていただければと思います。。

 

立体的な落款を表現しようと思い至り、

パネルの表面に2㎝角の穴を開けております。DSC_0177

 

その穴の先(奥)がこちらです。DSC_0174

先に裂を張っておいてあります。

 

これを先ほどの穴に取り付けますと、

こんな感じになります。

DSC_0178

わかりづらいですよね。。

 

さらにアップの写真です。

2㎝角の穴の奥に1㎝角の穴を作ってます。

DSC_0185

って、わからないですよね。。

これ、写真写りの問題とかじゃなく、

実物見てもよくわかりません(笑)。

まあ、自己満足ということで。

 

気にせず、裂を張り延ばしていきます。

DSC_0188

 

さらに張り延ばします。

DSC_0191

 

以上、4月下旬から5月上旬にかけての

作業報告でした。

続きはまた後日!

 

 

 

インテリアパネル制作(その①)

明日まで上野の東京都美術館にて開催されています、

『表装・内装作品展』に出展したインテリアパネルの

ご紹介です。

結構な力作(笑)なので、

複数回にわたってご紹介します!

 

どんなデザインにするか、悩みに悩んで、

テーマはパッチワーク・モザイクタイル

にしようと決めました。(3月中旬)

イメージはこんな感じ↓  ※Google画像検索より

 

幸い手元に様々な色・柄の端切れが大量にあるので、

これを表具の技術を使って作品に仕立てていきます。

 

こんな感じで裂を1㎝角に切って、

A2サイズのパネルに張ることにします。

 

まずは、裂の裏打ちです。(3月下旬)

 

続いてこれを1㎝角に裁断していきます。

必要となる数が3,400枚近くになるので、

結構な作業量です。。(4月上旬~4月下旬)

 

続いて、パネル本体。

DSC_0076

 

これに裂を張る時の目印となるよう、

鉛筆で線を引きます。

DSC_0175

 

書道や日本画の作品って、

落款と言われる作家の印が押されることが

一般的ですが、私もそれにならい、

立体的な落款を表現しようと思い立ちました。

そんなわけで、一部がくり貫かれています。

DSC_0177

 

以上、3月中旬から4月下旬にかけての

作業報告でした。

続きはまた後日!