障子の張替え難航中

2021年も残すところあと2週間となりました。

相変わらず、障子・ふすまの張替えのご依頼を多数いただいております。

障子の張替えで大事なのは、新しい紙をいかにきれいに張るか、

ですが、それと同じくらい大事なのが、

今張られている紙をいかにきれいに剥がすか、

だと思ってます。

今回お預かりした障子は、その点、少々手ごわくて、

張られている紙がなかなかきれいに剥がれませんでした。

通常、表具師が障子紙を張る時は、

数年後の張替えを見据えて、

水気を加えれば簡単かつ、きれいに剥がせる糊を使います。

今回の障子は、お客様ご自身で紙を張られたようで

紙が剥がれないよう、木工用ボンドを

使って張られていました。

そのため、張替えの時に、紙がきれいに剥がれなかったのでしょう、

剥がれなかった紙の上に、新たに障子紙が張り重ねられた状態でした。

通常、半日で剥がせる量の障子を、

丸一日かかって何とかきれいに剥がすことができました。

100円ショップやホームセンターで簡単に障子紙が手に入り、

YouTubeで施工動画を見れば誰でも障子が張れる時代ですが、

大切なご自宅のインテリアを、

少しでも長くきれいな状態に保つためにも、

障子やふすまの張替えの際には、

表具師・表具店へ依頼することも是非ご検討ください。

Follow me!

前の記事

12月のおしらせ