掛軸 桐箱の蓋覆い

春本番。いかがお過ごしでしょうか。

本日は、掛軸を保管するための桐箱(軸箱)、

を保護するための「蓋覆い(ふたおおい)」のご紹介です。

掛軸は湿度に弱いため、

調湿性や防カビに優れた桐箱に入れて保管するのが

一般的です。

著名な書家さんや画家さんが作品を手掛けられた場合、

その桐箱に画題や署名、落款がされていて(「箱書き」といいます)

よく真贋の決め手になったりもしています。

(なんでも鑑定団などでも良く取り上げられていますね。)

そんなわけで箱書きがされた桐箱は、

それ自体もそれなりに価値のある作品といえます。

そんな桐箱を保護するため、タトウ箱と呼ばれる

紙箱にいれるのですが、

長年に渡って桐箱を出し入れしていると、

その箱書きが擦れて消えてしまう危険があります。

それを防ぐため、桐箱の蓋に覆いを被せて

画題や署名を守るのが「蓋覆い」です。

これが桐箱。(※箱書きはされていません)

蓋覆いに使う紙は、鳥の子紙を使います。

細部の納めについては、表具師やお店によって

こだわりや決まりごとが様々あるようです。

このように、桐箱の蓋に合わせて、鳥の子紙を

かたどって作ります。

作りたてなのでふにゃふにゃしてますが、

糊が乾くとピシッと箱に密着します。

今回は、掛軸を納めた桐箱(軸箱)を、

タトウ箱に納める際に、

箱書きを傷めることがないよう

蓋に被せる、蓋覆いのご紹介でした。

Follow me!

前の記事

手漉き障子紙