手漉き障子紙

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

コロナの影響はまだまだ続いており、

昨年中止となった埼玉県展は今年も開催されないとの

発表がありました。

来年こそは、どうか盛大に開催していただきたいものです。

さて、そんなコロナ禍にめげず、

当表具店はそこそこ忙しくお仕事をしております。

本日は手漉き障子紙の張替えのご報告です。

障子の張替えをご依頼いただく際、

最近では機械漉き障子紙での張替えが大半に

なっています。

しかし、天然素材を原料としていて、文字通り手作業で漉かれた手漉き障子紙は

やはり、風合い・耐久性など、他の紙とは違う高級な雰囲気があり、

張替えの際は是非、採用をご検討いただきたい逸品です。

そんな手漉き障子紙、張り方も機械漉きの障子紙とは

ちょっと違い、それなりに技術が必要で、手間もかかります。

寸法に紙を裁って、張りやすいように丸めていきます。

軽く紙に霧を吹いて張っていきます。

乾くとピンと張って綺麗に仕上がります。

職人の腕が試される仕事です。

張替えをご検討の際は、紙のサンプルをお持ちしますので

是非、手漉き障子紙もご検討ください。

Follow me!

前の記事

古糊の水換え2021