レンタル額装、作品張り込み作業

先日のブログでもお伝えしました、

書道展覧会に向けて、レンタル額へ本紙(作品)の

張り込み作業が佳境を迎えています。

レンタル額は、様々な色の紙や裂が

張られております。

書家さんから色の指定がある場合もありますが、

大半は表具師にお任せ、な感じです。

そこで当表具店では、書の内容や、墨の濃淡などから

ふさわしい背景の色を選択しています。

作品を引き立てるため、色選びは責任重大です。

DSC_0087

レンタル額の色を決めたら、作品を水刷毛で湿らせ、

DSC_0084-2

そのあと、糊をつけます。

通常の額装ですと、額に張り込んだ作品は

数年・数十年は剥がすことがないため、

かなりしっかりと張り込みます。

しかし、展覧会用のレンタル額装の場合、

会期の終了後は、レンタル額から作品を剥がし、

そのままお客様に返却するため、

しっかり張り込んでしまうと、

レンタル額から剥がしづらかったり、

レンタル額から剥がす際に作品が破れてしまったり、

裏打ち紙が剥がれてしまったりします。

そのため、適度に剥がしやすく、

とはいえ会期終了までは絶対に剥がれない

糊付けが必須となります。

そんなこんなを経て張り込んだ作品。

展覧会の搬入日に向けて、まだまだ作業は続きます。

 

そんな当表具店のレンタル額についての詳細は、

こちらのページをご覧ください。

 

 

広告