掛軸と絵画のミライ展

私が所属しております江戸表具研究会「表粋会」が

本日から日曜まで『掛軸と絵画のミライ展』という

展覧会を開催しています。

DSC_0262

通常の掛軸の作品展とは異なり、

東京近郊6つの美大とコラボし,

美大生・院生の描いた画を

表具師が掛軸に仕立てるという

かなり斬新な企画です。

床の間で見慣れた掛軸とは一線を画した作品も

たくさん展示されています。

東京新聞に取材を受けて記事になったり、

今日は近隣のコミュニティFMに

表粋会代表が出演したりと、メディアにも

積極的に露出しています。

dsc_0583

会場も東京駅八重洲口から徒歩3分位の距離ですので

お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

間違いなく、『掛軸』の印象がガラッと変わります!

 

私が出展した作品の詳細はまた後日!

 
■「掛軸と絵画のミライ展」概要

【展覧期間・会場】

平成30年6月19日(火)~6月24日(日)

10:30~19:00(最終日は18:30まで)

田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15

http://www.tanaka-yaesugarou.com/
【参加大学生・大学関係者】

女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学
東京造形大学・武蔵野美術大学・横浜美術大学(50音順)

 

 

 

 

 

広告