表具技能祭2017 その3

表具技能祭に出展した和額のご紹介です。

 

前回ご紹介した屏風と同じく、

下地骨の状態に「骨縛り」「骨ベタ張り」

「蓑張り①」「蓑張り②」「蓑押さえ張り」

「下袋」「上袋」と下張りを重ねました。

 

続いて、裂の柄を合わせて張り、

金襴の筋、本紙を張り込んで、

縁を取り付ければ完成です。

柄合わせはかなり手こずりました・・。

DSC_0164

 

全景はこちら。

DSC_0163

書は私が書いたものではないですが、

「楽亦在其中矣」という論語の中の一節からの引用で、

『質素な暮らしの中にも楽しみはある』という

意味の言葉とのことです。

 

次回はインテリアパネルをご紹介します。

 

 

広告