表具技能祭2017 その1

表具の勉強で通っている学校の

技能祭(文化祭)が11月3日に開催され、

私は、掛軸、和額、屏風、インテリアパネルを

出展しました。

当ブログにて何回かに渡り、

作品をご紹介してまいりますので

お付き合いいただければ幸いです。

 

まずは掛軸です。

 

通常、表具師が掛軸を仕立てるときは、

お客様から本紙となる作品を預かり、軸装します。

掛軸

本紙は、お客様自身が描かれた絵や書、

または所蔵されている作品の場合がほとんどです。

 

今回の技能祭の掛軸では、せっかくの機会なので、

お客様側の気分も味わってみようと思い、

自分で本紙を描いてみました。

和室・床の間ではなく、洋室・リビングに掛けても

おかしくない掛軸にしようというのが

一応のコンセプト、、でした・・。

 

結果としては、本紙・軸装ともに、

いろいろと不本意な出来に・・。

唯一、満足行く出来だったのは、

消しゴムで作った落款(判子)です・・。

 

今後とも、ますます精進してまいります!!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さいたま・浦和・県庁前。

掛軸・額・屏風・ふすま・障子の

『武笠表具店』です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

広告