表装作品展に出展

5月27日まで、上野の東京都美術館にて、

東京表具経師内装文化協会主催「表装・内装作品展」が

開催されました。

今回、私もインテリアパネルを3点出展しました。

写真のように、紙管をひたすらカットし、これに裂を張って

滑らかな凹凸のあるデザインにしようと思いました。

DSC_1991

切った紙管の一部を並べてみたところです。

この一つ一つに裂を張っていきます。

裂を張るとこんな感じ。

DSC_2334

今回の「表装・内装作品展」はテーマカラーが赤とのことだったので、

赤のグラデーションを表現することにしました。

 

パーツの数が多いため、切るのも張るのも

とにかく時間がかかりましたが、なんとか会期に間に合いました。

DSC_2276

DSC_2273

DSC_2274

DSC_2275

 

この他、訓練校の授業で製作した短冊掛けも展示されました。

DSC_2161

短冊部分は、端切れをカットして市松状に張ってみました。

DSC_2335

今後は、こういった裂や紙を使ったパネル・小物の

製作・販売も承ろうと思っておりますので、

ご希望があれば是非ご相談ください。

 

◎さいたま・浦和・県庁前。

/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。

 

広告