屏風の修復のその後

先日の屏風修復のその後です。

破れてしまっていた作品部分(本紙)を裏打ちして修復しました。

_20161005_150923

 

屏風本体は下張りまで終えた状態でしたが、

今回はそこに仕上げを張り、縁を取り付けました。

dsc_0318

一気に屏風っぽくなりました。

金箔の紙はちょっとした下地の凹凸を拾うため、張るのが非常に難しいです。

 

続いて、本紙を張ります。

dsc_0330

周囲に濃い糊、真ん中には水(もしくは薄い糊)をつけます。

こうすることで、糊・水が乾くと本紙がピンと張って皺がない状態となります。

 

無事に張り終えた状態が下の写真です。

dsc_0333dsc_0334

無事に修復が完了しました。

本紙の色あせに比べて、金箔の色は鮮やかですが、

経年で元の落ち着いた深みのある屏風になります。

※屏風のお仕事についてはこちらもご覧ください。

 

 

 

広告