障子の補修

今日は障子の張替えのご依頼です。

この障子、写真の通り、桟が折れてしまっているので、

まずはその補修が必要です。

(本来は表具屋の仕事ではないのですが。。)

 

ちなみに、もし、ご自宅の障子の桟が折れてしまった場合、

折れた破片を捨てずにとっておいていただけると、

比較的楽に補修ができます。

DSC_0097

今回も破片があったところはスムーズに補修ができたのですが、

一か所だけ破片がないところが…。

DSC_0100

こういうところは、木材を寸法に合わせて切って継ぎ足します。

DSC_0101

無事に補修が終わり、重しを置いて糊を乾かします。

DSC_0102

パッと見ではわからないくらいになりました。

年月が経てばさらに同化して目立たなくなります。

ここに紙を張って張替え完了です。

DSC_0119

障子の桟が折れた際は、破片を確保の上、早々にご相談ください。

 

 

◎さいたま・浦和・県庁前。

/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。

 

広告