書道展覧会用の額装

当店では、年間通じて様々な場所で開催されている書道展覧会の

出展のお手伝いもしています。

目下、5月31日から6月22日まで、北浦和の近代美術館で行われる

第66回埼玉県美術展覧会(通称、「県展」)への出展作品の額装の作業中です。

当店では、出展用の貸額を持っておりますので、作品だけお持ち込みいただければ、

額装したうえで、会場への搬入・搬出等を代行致します。

 

DSC_0300●作品を張るベース部分の下張り作業中です。

DSC_0302●作品を引き立たせる上張りの糊付け作業中です。

DSC_0303●上張りを終えたところです。

ご希望があれば、作品に合わせた紙色をお選びいただけます。

DSC_0304●肝心の作品ですが、そのままでは薄くて皺も多いので、

裏側に厚く丈夫な紙を張る「裏打ち」作業をします。

写真は裏打ち後、糊を乾かしているところです。

DSC_0306●上張りを終えたベースを枠にはめて、引き立て役の額は完成。

ここに主役となる作品を張れば、あとは会場に運ばれるのを待つのみです。

 

展覧会の様子は改めてご報告いたしますので、お楽しみに。

 

 

◎さいたま・浦和・県庁前。

/ 掛軸・額・屏風・ふすま・障子の『武笠表具店』です。

 

広告